スマートフォン版はこちら

施工事例

68屬離フェの壁を3日で仕上げてリニューアルオープン。DIYで30万円のコストダウンを実現!! 岡山県岡山市:カフェROOMROOM オーナー 苔口さま 施工方法:DIY 施工期間:3日間 使用カラー:ミルクホワイト 使用量:24kg×5箱

中国茶と漆喰壁で落ち着いた時間を楽しめます。しかも、自分で塗ったとは思えない高い完成度。

自分で塗った「乱流仕上げ」でこの完成度。インストラクター付きだと分からないことはその場で聞けるので安心ですね。

カウンターキッチンの中も手を抜かず塗りで!照明と合わせて奥行き感がありますね。

中国茶が自慢のランチのお店です。上海シノワズリが好きで以前から統一していたのですが、もともとはビニールクロスでした。

お店をリニューアルオープンするときに、漆喰をDIYで塗りました。

以前から漆喰に興味があって、初めは工務店さんに見積もりしてもらったところ、目視で「80屬呂△襪ら」と48万円くらいだと価格提示をされました。

「高いなあ・・」と思って、インターネットで調べたところ同じ岡山で岡山産の漆喰があるというのを知ってすぐに電話で相談すると、早速下見に来てくれました。まただいたいで金額を聞くんだと思っていたら、辻さんはきちんとメジャーで測ってくれて、実際は68屬任靴拭

続いて下地をチェックしてもらったら、凹凸の激しいビニールクロスだったので、ちょっとキッチンの裏をチューブタイプで塗って試してみました。自分では難しいなぁというと、辻さんが「下地を作ってインストラクターさんと一緒に塗るコーチング付き」のパッケージを提案してくれました。「これで安心!でもちょっと高くなったかな」と思ったら、なんと15万円で済んだのでビックリ!!

思っていたより自分でやるのは大変でしたけど、慣れてくると楽しくかった思い出が残りました。なかなかできない経験で、以前の壁を知っているお客さんの評判もよく出来映えにも満足しています。みなさん、私が塗ったとは思わないようで褒めてくれるんですよ。 そうそう、塗った後にもビックリしたのは、お客さんがこぼしたコーヒーが2週間で消えたんです!

ROOMROOM オーナー 苔口さま

カウンターキッチン内部壁も漆喰で塗っているためこの雰囲気を醸し出しています。

ロハスウォールからのメッセージ

ROOMROOMさんはランチがとってもおいしい有名なカフェです。間接照明で映し出される漆喰のコントラストが、以前からの上海シノワズリのインテリアとよく似合っていて、よりいっそう高級感あふれる空間にしています。いつもキレイにしておきたい飲食店さんには食べ物などのタンパク質の汚れを分解する漆喰は最高の壁ですね!

ROOMROOM
〒703-8266 岡山県岡山市中区湊314-11 086-239-6006
http://www.room-kk.com/
営業時間 火曜日?金曜日 11:00~15:00 (LO14:00)