施工事例

魅せる壁!モスグリーンの色にこだわったお部屋!!

神奈川県:T邸
施工方法:メーカー施工 施工面積:93屐〇楾期間:5日間使用量:高級カキ本格漆喰 ミルクホワイト 24 kg×4箱 
高級カキ本格漆喰 モスグリーン(特注) 12 kg×1箱 専用下塗り材24kg×5箱

マンションを購入してリノベーション後に住むつもりで、「他の部分より壁に一番こだわりたい」と、まずは新宿の講習会に参加されたTさま。

最初は弟さんと塗る予定だったのですが、弟さんの仕事が忙しくなってしまい、一人で塗ると自分も仕事もしていて予定より時間がかかりそう・・。引っ越しを急ぎたかったため、「この際頼んでしまおう」とメーカー施工を依頼いただきました。

塗装前 リフォーム前は何もない広い壁。

塗装後 なんということでしょう〜。 デザイナーズルームのような出来栄えです。
POINT ペンギンのぬいぐるみさんも「どうだ!いいだろ!!」とふんぞり返るくらいモダンでカッコいい空間。
施工中。まずは『専用下塗り材』で下地を作ります。速い!上手い!丁寧!いつみてもほれぼれします☆。

家具を入れる前。システムキッチンの色はワインレッド。周りの「ミルクホワイト」で深い色を引き立て、漆喰の素材感でキッチンの高級感もアップ!

(Tさまは特別なデザイン施工で、ロハスウォール『おかやま珪藻土』と漆喰を組み合わせています。
こちらでは、漆喰の部分のみご紹介いたします。)

「どうせプロに塗ってもらうなら、ずっと前に雑誌で見て憧れていた色と模様にしてほしい!」と
特注カラー、しかも特殊施工でのオーダーをご依頼されました。

依頼を受けた特注カラーは、濃い深みのある「モスグリーン」です。

完全な自然素材の漆喰では、濃い色を出す、作ること自体大変難しく、その濃い色をムラなく塗ることはより難しい施工となります。

施工の方法は、ロハスウォールのメーカー施工を担当している職人が、以前雑誌の取材で載せたものでした。
この施工方法はとても特別なもので、「モスグリーン」の壁に立体的に浮かび上がる縞模様。光のあたる感じの違いでうっすらとその模様を現すので幻想的でとても美しい仕上がり方法です。

櫛引で水平のラインを基調とした構成で、視覚的に明快なデザイン・コンセプトをアピールしています。完成した素敵な「モスグリーン」の壁は、脇役としてだけでなく、主役としても完璧にその役割を果します。

対照的に、周りの「ミルクホワイト」の壁は、モスグリーン部分を包み込むようにし、仕上げパターンはランダムでゆったりとした「引きずり」でゆるやかにカーブさせています。優しい自然なミルクのような白い色は、「モスグリーン」の壁をより引き立てます。

「モスグリーン」でつくった濃い色と隣り合う「ミルクホワイト」明るい色との美しいコントラスト。照明でほのかに波が浮かび上がる職人独自のひと手間を加えたデザインが素敵ですね。

ワインやお気に入りの本を飾ってまるで展示しているかのようなカッコよさ。何をおいてもさまになるので模様替えも楽しい♪。

ロハスウォールからのメッセージ

Tさま邸の施工は、色づくりから施工まで、とっても楽しくワクワク♪しました。
「モスグリーン」という濃いめのカラーは本当に素敵な色で、Tさまのセンスの良さを感じました。特殊カラーであっても調色の素材は、ロハスウォールのコンセプトである”口にいれても大丈夫なもの”でなければ使えません。しかも乾くと自然素材は色が変わるため、何色も何色もサンプルを作り直し、1か月ほどかかってやっとTさまに「わぁ、すごい!」と言っていただける色ができあがりました☆。

特注カラーができたあとは職人の腕の見せ所です!濃い漆喰は特にムラになりやすい上に、特殊な施工ときたもんだ。ですが、日本でも指折りの職人が塗るメーカープロ施工、さくさくと塗って、なんと予定していたよりも2日も早く塗り終わりました。

できあがったあと、Tさまのセンスの良さと塗りのマッチングが本当に素敵で感動しました♪♪!!