スマートフォン版はこちら

職人には常識、初心者でもプロが仕上げた模様を出したい方は
このコテを用意!!完成度を一気にUPするのは道具次第。

塗りパターン用コテ:木コテ

「木コテ」は、模様を出すには最も簡単なコテです。
1丁 3,240円(税込)

使い方動画
木コテの使い方とコツ1 木コテの使い方とコツ2

初めての方や力のない方はもちろんですが、「乱流」「引きづり仕上げ」などの
店舗などでよく見かける「仕上げ模様(パターン)」を表現した
仕上げにするにはこのコテは必要です。

通常のコテだけで仕上げ模様をこだわりすぎると、
「時間が経ち、乾くスピードに遅れると肌目が違ってしまう」
「思うように塗れない」
「手早くそれなりにパターンを入れた仕上げ模様にしたい」

など、なかなかイメージとは違ってしまうことがあります。

うまく仕上げるポイントは素材と相性のよい道具を使い、
DIYではプロと同じ再現性があることです。

この木コテは、船底形状で、壁と角度を平行にして仕上げ面を撫でるだけで
どのようなレベルの方が使用してもほぼ同じ模様(パターン)が出せます。
先が剣のようにとんがって角でも模様を出しやすいです。
初心者が、金属コテなどを使用して「乱流」「引きづり仕上げ」などを塗ると
塗りながら力が入ってしまい、せっかく塗った漆喰を削りがちです。

楽に、キレイに仕上げ模様(パターン)を出すためには、専用のコテを使い、
効率良く塗り進めましょう!

木コテで模様を出す前に、漆喰を塗るための「剣先コテ」と「盛り板」が必要です。チューブタイプ本格漆喰を使用する場合は、直接コテに漆喰を搾り出すので「盛り板」がなくても塗ることができます。

関連商品