お客様の声

建売りの新築が憧れの自然素材100%の漆喰に囲まれたお家に。夏は涼しく、お部屋の匂いも吸い取ってくれる壁に家族みんながビックリです!

神奈川県:宮生邸

湘南にお住まいの宮生さんは、既にお友達がロハスウォールを塗っているのを見ていたので
迷わず塗ることが決まっていたとのことでした。建て売り新築で使われる量産クロスが絶対イヤだ!と思って塗り始めたのですが、完成して見た目だけでなく、住み始めてその効果にもビックリ!
夏には塗った部屋だと涼しくてエアコンの設定温度が3〜4℃違ったとのこと。そのため、ペンキを塗ろうと思っていた子供部屋も塗ることにしたそうです。

インタビュー: ロハスウォールを知ったキッカケはいつですか?
宮生さん: ご近所の友達が塗っているのを見て。塗る前も彼女らしい雰囲気のお家だったん
ですが、だんだん塗っていって、クロスのときとは全く違う重厚な感じになっていく
その過程を見ていくうちに、クロス張りは人工的で平べったい雰囲気がイヤだなと
思うようになりました。
まだそのときはマイホームを持つ気はなかったんですけど、
「家を建てるときは絶対塗りたいね」と主人と話は決まっていました。
インタビュー: 塗る前はどういうお気持ちでした?
宮生さん: ウチは建て売りなんですよ。でも内装もある程度好きなように決めることが
できてクロスも選べたんですが、どれにしても量産されたどこにでもある家って
いう感じで・・・。納得いかなくて「いいやどれでも」と妥協して選びました。
もちろん最初から漆喰を塗るつもりでしたけどね。(笑)
インタビュー: 新築で引き渡し後に塗られていますが、どのタイミングで塗ったのですか?
宮生さん: 荷物いれちゃうと塗るのに大変だから、引っ越す前にリビングの壁と洗面部分を
塗っておきました。その後引っ越しして残りの部分は住みながら今も塗っています。
インタビュー: いつもどんなスケジュールで塗っていますか?
宮生さん: 子供がいない時間を見計らって「とりあえず今日はこの一面」くらいのペースかな。
辻さんには「壁一面は一気に塗ったほうがいいですよ」とアドバイスいただいていたのですが、私には継ぎ目は特に気にならないです。
インタビュー: 塗る前と後何か違うことありますか?
宮生さん: まず、家の見た目に重厚感と個性が出たこと。全然見た目が違いますね。
そして湿気をとってくれたり、脱臭効果があります。ニオイが残らない。
例えば鍋とかギョーザとか、魚焼いたときには前のクロスの家に住んでいたときは
次の日ファブリーズしても何かニオイが残って、私はよく室内の空気を入れ替える
ほうなんですが、それでもニオイが残ってましたね。
まだ子供が小さいのでオムツとれていないけど、トイレに梅雨時期のジトっとした
イヤなニオイがないのがいいですよ。
インタビュー: これから塗る人へ経験者としてアドバイスをどうぞ
宮生さん: 本当にキレイに塗りたかったら専門の人に頼んだほうがいいけど、自分で塗る
のって楽しく塗れるし、苦じゃないし「こんなのでいっか。」程度だったら思って
いる以上に簡単ですよ。辻さんところで道具も借りられますから 。(笑)
「お母さん、ここ僕たち塗ったトコ!」いつもみんなが見るリビングに双子ちゃんたちが塗った証(あかし)を残してあげました。これも『住育』かな?自分で塗るって楽しいよね♪

真っ白に囲まれた空間の中にオリーブ色を差し色に。さわやかで新しい色合わせは、そのセンスの良さに、参考にする人が続出です☆

海の見える素敵なリビング。海風も入るけどベタベタせず梅雨で閉め切っててもイヤなニオイがないなんて!エアコンまで効きがよくなって言うことなしですね♪