• HOME>
  • ロハスウォールからお客様への5つのお約束

ロハスウォールからお客様への5つのお約束

お約束 完全自然素材100%の本物だけをお届けします
漆喰は、どこのメーカーも同じではありません!ご自分の目でよく選んで下さい。

辻建材が考える本格「漆喰」とは、化学合成接着剤0%、国内産自然素材を使った「漆喰」です。

本職のプロが使う貴重な海藻のりを使った本物の「漆喰」です。

当たり前の素材を使って当たり前にキチンと練る。
自然素材を原料とするがゆえに単純に見えて、奥の深い技術と経験が必要です。

辻建材の漆喰には、昭和21年の創業より蓄積された経験が生かされています。

あなたが手にしているのは本当に自然素材の漆喰ですか?F☆☆☆☆製品についての誤解

一見すると安全な規格に見えるF☆☆☆☆

しかし、平成15年7月に施行された改正建築基準法で、「シックハウスの原因とされる化学物質」のひとつのうち、ホルムアルデヒドの住宅への使用が規制されました。

その内容は内装の仕上げの制限と24時間換気の義務付け。ホルムアルデヒドの室内濃度を下げるために使用量に規定を設けたことと24時間換気で室外へ排出するという法です。

しかし、無垢材や自然塗料はホルムアルデヒドをそもそも発散しないので、
規制外の告示対象外です。

建築基準法が改正される以前はF☆☆☆☆に相当する等級が最高ランクだったのが、改正による規制強化でさらに上の等級F☆☆☆☆ができました。

建材といっても床、壁、天井だけでなく、素材自体の接着剤や塗料、壁紙などさまざまな材料が規制の対象になっています。

そのため、自ら表記してあるものはシックハウスの原因物質とされるホルムアルデヒド規制対象にあたる化学樹脂(接着剤)が入っているため、認定を取得し告示する必要があります。

(財)建材試験センター (本部 東京都中央区)がF☆☆☆☆認定を担当している公的機関ですが、当社が直接問い合わせたところ、「弊社辻建材製品の漆喰、珪藻土、土壁は天然原料のみを使用している」ためF☆☆☆☆申請できないとの回答をもらっております。

その証拠として実際の天然石、木、土は表記がありません。

※木の場合、集成材はF☆☆☆☆対象に当たります。
健康に良い素材をお探しのお客様は、誤解なきよう、よろしくお願い申し上げます。

公的機関での実用性試験「試験報告書」財団法人 建材試験センター
漆喰本来の機能を生かすための“こだわりの自然素材”漆喰主原料の消石灰は高品質な岡山県産を使用。
漆喰の画像

岡山産消石灰は世界で認められ、なんと国外へ
輸出までしています。岡山県北部には石灰岩層、
カルスト台地があり、国指定天然記念物である
羅生門や、岡山県指定天然記念物である鍾乳洞
の井倉洞、満奇洞など全国的にも有名です。

なお、海藻のりは貴重な日本海産を使用して
おります。

業界初!つなぎ材0%を実現し純粋な漆喰に

一般の漆喰には(名目上)ひび割れ防止としてつなぎ材(繊維材)が入っております。

実際のところ、これは「かさ増し材」として安くつくるには有効な製法ですが、天然の石灰岩につなぎ材(繊維材)が入っているものがないように辻建材では漆喰につなぎ材を混入すると純度が落ちた漆喰になると考えております。

ケミカルレス

接着性を高めるために自然素材の海藻ノリを使用しているため、化学合成接着剤を使っていません。

そのため、化学接着剤を使用した市販の漆喰や珪藻土、その他の塗り壁材と比較しても高い調湿作用、性能を持っています。

新築、リフォームで使う石膏ボード下地で必要になる専用下塗り材兼パテ材も完全に自然素材で製作しております。

調湿効果

人間は1日900mlの水分を蒸発しています。部屋の壁がビニールクロスだと、完全に遮断してしまうため住環境を悪化させる原因となっております。

1度漆喰を塗った部屋に入ってみたら、その快適さがわかります。

他社製品との性能比較
なぜ漆喰なのに、こんなにも違うのでしょうか?

化学接着剤(合成樹脂)を使っていると撥水してしまい、漆喰本来が持っている特性である調湿機能がなくなっています。

その分、室内に湿気がこもり、クロスとたいして変わらないものとなってしまっています。
※世の中に出回っている低品質な漆喰には、ビニールクロスと価格は変わらないものまでがあります。

商品パッケージにて原料を見るとエマルジョン樹脂、アクリル樹脂(アクリル系共重合粉末樹脂とも表記されています)という表記も。これらは酢酸エチル、トルエン等を溶剤として使っています。自社にて製造しているメーカーでしか知り得ない情報ですね。

メチルセルロースを使っているものもあります。

さらに、つなぎ材(繊維)が入っているものもあります。
入っていると表面が繊維に覆われて、漆喰に求められている機能(調湿効果、ホルムアルデヒド分解など)が発揮できません。漆喰をせっかく塗るのに本末転倒になってしまいます。

市販している漆喰のパッケージを見るとF☆☆☆☆の表記がありますが、それは化学接着剤を使用しているための表記です。表記があるのはまだ親切な商品です。
インターネット等での販売の場合は表記のないもの(意図的に隠しているもの)もあります。直接問い合わせて確認されることをお勧めします。

辻建材は昭和21年の創業以来、自然の土壁を製造しているため、塗り壁材に化学剤を配合することはあり得ないこと。と考えています。
そのため、漆喰は海藻ノリを使い、更に原料の消石灰も厳選し全ての配合を最適化、チューブタイプも自然素材のみてつくっております。

珪藻土壁と漆喰の壁の違い

漆喰は主成分の消石灰に、空気中の二酸化炭素と結合し強度を増していく「気硬性」という性質がありますが、珪藻土には固まる性質(自硬性)はありません。

別途、固化材(化学合成樹脂、セメント、石灰など)を配合し固めることが必要です。

原料の消石灰自体にホルムアルデヒドを無害に分解する機能があります。

 

アルカリ性が低い珪藻土は経年劣化が早く、カビが生える原因となっている事例もあり、珪藻土の配合量%が多いと起こることを確認しています。

 

珪藻土の特長として吸湿性が注目されていますが、漆喰壁には、調湿性、防カビ・抗菌作用、ホルムアルデヒド吸着性、消臭性、防火性があります。

お約束 練り済みだから届いたらすぐ塗れる!

ロハスウォールは、チューブタイプ本格漆喰と、タイプタイプ本格漆喰の2つのタイプの漆喰を販売しています。

 

漆喰の画像

チューブタイプ本格漆喰は、世界初のチューブタイプの漆喰商品として様々なメディアでも取り上げられ、大手流通店舗でも扱われた実績を持ちます。

このチューブタイプ本格漆喰は、練り直し、練り返しが不要。
チューブのまま、手や足でこねるだけで、いつでもすぐに塗れる状態になります。

 

また、タンクタイプ本格漆喰は、お客様のお手元に届く時に、水など加えずにすぐに塗れる最適な状態にするため、1つ1つの商品を練り返して出荷しています。

練返しの作業は手間がかかるため、同業他社では行っていない作業ですが、お客様に最高の漆喰をお届けしたいとの思いから漆喰DIY通販会社で唯一、練返しを実施しています。

 

チューブタイプ本格漆喰、タンクタイプ本格漆喰、どちらの商品も安心してご用命ください。

お約束 ほとんど全ての下地に塗れる!
ロハスウォールはいろんな下地に塗れます。
壁紙・ビニールクロスには
仕上げの「チューブタイプ本格漆喰」「タンクタイプ本格漆喰」「タンクタイプ高級カキ本格漆喰」を直接塗れます。
※特殊加工品・防汚コート・カビや汚れがある場合は、シーラー(カチオン系)を塗ってから漆喰を塗ります。

砂壁、京壁、じゅらく壁、繊維壁など土壁系には
直接塗りでもよいですが、「専用下塗り剤」を使うと漆喰の伸びがよくなり、使う漆喰の量が減ってお得です!
※汚れがあるときは、シミが出ないようシーラーに塗ります。

モルタル系/コンクリートには
直接塗りでもよいですが、「専用下塗り材」を使うと漆喰の伸びがよくなり、使う漆喰の量が減ってお得です!
※汚れがあるときは、シミが出ないようシーラーを塗ります。

石膏ボードには
直接塗りでもよいですが、「専用下塗り材」を使うと漆喰の伸びがよくなり、使う漆喰の量が減ってお得です!
※壁紙を剥がした石膏ボードは、シミが出ないようシーラーを塗ります。

木、ベニヤ板には
木材は、アクが出るためシーラー(カチオン系)を塗って漆喰を塗ります。

ジプトーンには
ガードシーラーを塗ってアク止め処理を行い、専用下塗り材で継ぎ目を埋め、ファイバーテープで固定します。ジプトーンが透けてしまわないよう全体を専用下塗り材で塗ります。

壁紙を剥がした下地には
裏紙をできるだけ剥がしてから、ガードシーラーを塗って固めるとアク止めになり、仕上がりがよりキレイになり使用量も少なくなってお得ですよ!

ご注意!!
漆喰は水で練っているため、水分を吸って剥がれる壁は
剥がしてから施工してください。
お約束 国産素材でつくった本物の漆喰・珪藻土

プロ業者さえも唸る完全自然素材の塗り壁材を作るためには、当然のこと手間もコストもかかります。だからこそ、ネット通販では、つなぎ材(かさ増し材)や化学接着剤の入った漆喰や珪藻土を販売することが当たり前のように行われていました。

しかし、ロハスウォールは、本物の漆喰や珪藻土で、安心・安全な住環境とお客様1人1人に“自分だけの理想の空間”を手にしていただきたいとの考えから、コストを削ることなく、厳選素材を使って製造販売を行っております。

もちろん、完成した状態での健康性を考えず、単純に金額だけを見るならば、当社よりも安い業者はいるかもしれません。しかし、こだわりの自然素材100%を使った漆喰や珪藻土をこの値段で販売しているのは、当社だけだと自負しています。

お約束 専門店だからできるDIYサポート体制
スタッフの集合写真

ロハスウォールの仕事は、商品を売って終わりではありません。
当社の漆喰、珪藻土を手にしていただいてからが「はじまり」だと考えています。

当社の使命は、工務店さんや左官職人さんから高い評価をいただくロハスウォールを使ったDIYをお客様に楽しんで施工いただき、そして、自然素材100%でしか実現できないお家や店舗など理想の空間を手にして頂くことです。

ですので、注文前のお悩みにはじまって、材料の準備、施工までお気軽にご相談ください。
当社のインストラクター、カスタマーサポートが責任もって対応いたします!

ロハスウォール商品をご覧になる場合にはこちらへどうぞ
  • チューブタイプ本格漆喰商品ページへ
  • タンクタイプ本格漆喰商品ページへ
  • タンクタイプ高級カキ本格漆喰商品ページへ